Close

神奈川県鶴見大学附属中学校にて、弊社執行役員の五十嵐則道が講師として授業をおこなってまいりました。

10月23日に鶴見大学付属中学校の1年生、2年生に「未来を強く生きる力」をテーマに、これからの未来やその中で必要とされる力、またその力を身につけるために今出来ること、などについて講演を行いました。

会の終わりには生徒の皆様から積極的に未来に関する質問が出たり、講演の後のアンケートでは生徒の皆様から多くの自分の未来に対する肯定的な感想をいただきました。
生徒の皆様の未来を生きる力にお力添え出来ていれば幸いに存じます。

 

<以下アンケート一部抜粋 ー「自分の未来」についてー>

・機械に頼りすぎて考えることをしない未来にはしたくない。考えて行動に移すということを続けていきたい。(中1・女子)
・未来は分からないけれど、自分の夢に向かって頑張りたい。毎日楽しくて笑顔いっぱいの未来にしたい。(中1・女子)
・思い切って起業してみたい。自分の両親に自分が作ったもので恩返しがしたい。(中1・男子)
・子供だからと言って実現することを諦めずに私もできることを探していきたいと思った。(中2・女子)
・アイディアを出して実現する「行動」が大切ということが分かったので、「アイデアノート」などを中学生のうちから 作れば、大人になってアイデアが欲しくなった時に見れてすごくいいと思った。(中2・男子)

 

この日のためにご尽力いただきました、鶴見大学付属中学校ご関係者各位に心より感謝申し上げます。

Go top